いちばん値段が安い宅配寿司はどこ?「銀のさら」「すし上等」「柿家鮨」の値段を比較してみた

一番安い宅配寿司ってどこなの?

先日、フリーターの分際で家で寿司が食べたいという衝動にかられた筆者が、月収200万のでも気兼ねなく注文できるお店はないかと主要な宅配寿司チェーンを徹底リサーチしピックアップした「銀のさら」「柿谷鮨」「すし上等!」の3社。

それぞれの店で一番安い桶皿の3人前を比較してみた。

ちなみになぜ3人前かというと、筆者がちょうどそのくらいでお腹いっぱいになる量だからである。

銀のさら

https://www.ginsara.jp

宅配寿司業界において店舗数、売り上げ1位を誇る宅配寿司の王者。

宅配寿司とは思えないほどユニークなCMが話題となっている。

銀のさらでもっとも安い桶は…

「加賀」3人前 税込4276円

宅配寿司にありがちな、河童しか食べ切れるやついないだろと思うほど大量のカッパ巻きでスペースを埋めるような卑劣な行為もなく、いくらの軍艦のきゅうりのポジションにサーモンがインサートされている良心的な内容。しかし月に一度の贅沢とはいえ一食に4000円というのは流石に抵抗がある。

もっと安いところはないのか?

ありました。

柿家鮨

https://asp.demae-can.com/?author=kakiyasushi

なんとあのピザーラを展開するフォーシーズが運営している宅配寿司。

わざわざ「寿司」ではなく「鮨」と表記しているところが癇に障るが気になるお値段の方は…

「藤」3人前 税込3132円

同等の内容でありながら銀のさらよりも1000円安い素晴らしいコスパ。

3000円で寿司がとれる時代に生んでくれた両親に感謝。

まさかここより安いところはないだろうと思いきや…

すし上等!

https://www.sushijoto.jp

サイトのバナーや公式サイトの雰囲気が銀のさらに似てるなと思ったら…

「お手頃な価格で、美味しいお寿司を、気軽に食べていただきたい!」という思いからスタートした『すし上等!』は、本格宅配寿司『銀のさら』の妹ブランドです。おいしさも満足もお墨付き。この品質でこの価格!?とぜひ、驚いてください。

公式サイトから引用

妹ブランド…?

なんとこの「すし上等!」

低価格路線の「銀のさら」の更に廉価版なのだ。

気になるお値段の方は…

「11種盛り800」「炙り800」3人前 税込2592円

800というのは1人前あたりの値段である。

アルバイトは徒歩で配達させられているのだろうかと心配になるほどの価格設定。

100円寿司で同量を頼んだ場合108×15皿で1620円。

ついに回転寿司との価格差が1000円を切ってしまった。

宅配ピザのLサイズが大体3000円程度なのでピザよりも安く宅配寿司を食べられるということになる。

リサーチの結果ここ「すし上等!」が一番安いと判明した。

ただここまで安いと気になってくるのがネタの質。

兄弟ブランドの銀のさらとは何が違うのか?

銀のさらとすし上等!の寿司の違い

銀のさらと同じ店舗で調理されている為、使っているネタやシャリは全く同じものである。

ただ、SNSで利用者の声を見てみるとネタの大きさに違いがあるようで、すし上等のネタの方が若干小さい模様。

念願のお寿司注文

早速「すし上等!」で注文しようとしたのだが、自宅が配達地域外という最悪の結末を迎えた為、やむなく次点の柿家鮨の「藤」3人前を注文。

使い捨て桶ながら高級感がある。

付属品は人数分の割り箸と醤油と醤油皿。お吸い物などは付いてこない。

調べたところ当記事で紹介した3社ともお吸い物は付いてこないので汁物が欲しい人はあらかじめ用意しておこう。

味はくら寿司と同等。

まとめ

・いちばん安いのは「すし上等!」の2400円。

・どの業者もお吸い物は付いてこない。

・食べ終わった後の「ちょっと頑張って回転寿司行けばよかった」という後悔が半端ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする