amazonの試着サービスはタグを取ってしまっても返品可能なのか試してみた

ライフハック

amazonで買った商品のサイズや色が気に入らない!そんな時は即刻返品

amazonで買った帽子のサイズが小さすぎた。中世の拷問器具ぐらい締め付けてくる。

顔がでかい筆者は、なかなかジャストサイズの帽子に巡り合う機会がなく、頭を締め付けられる苦しみに関しては孫悟空に次いで知っていると自負している。

ニューエラの帽子は1つ1つ手作業で組み立てられているため、同じサイズでも若干かぶり心地が変わってくる故にニューエラの帽子と異常に安いワイヤレスイヤホンだけはネットで買うなと肝に命じていたのにこの始末。

チビで顔がでかいという実写版ボンバーマンみたいな身体に生まれたことに抑えがたい絶望を感じならもふとよぎる「返品」の2文字。

しかし理容師の「こんな感じでいいですか?」に対し、本当はもう少し切ってほしいのに「いいです」と答えてしまうほど気弱な自分に、ネットで買った商品を返品などという厚顔無恥な真似ができることがあろうか?

ふと梱包されていた段ボールに目をやると…

さすがamazon。ここまでデカデカと返品可能という旨を書いてくれれば心置き無く返品できる。30日以内なら着払いで返品可能とのこと。早速この拷問器具を突っ返すぞ!

しかしここで問題が。

開封した瞬間にテンションが上がってタグもステッカーも引っぺがしてしまっていた。

小学生の頃、デパートで買ってもらったスーファミのカセットを帰りの車内で開封し説明書を読みだしていた筆者。せっかちな性格がアダとなってしまった。こうなったらちびまる子ちゃんの永沢君状態になってでもかぶり続ける他なしか…

しかし待てよ?返品まで30日もの猶予が与えられているのはなぜだろう…?

しっかりと使用した上で気に入らなければ返品しても構いませんよというamazonの配慮ではないか…?

当然生活の上で使うとなればタグは外して利用する。30日間もタグを付けっ放しで使用させるというような苦行を聖amazonが強いるだろうか…?

amazonの返品交換条件を見てみると

返品の際はタグをつけた状態でご返送くださいと書いてある。もうだめだ。

とりあえず返品してみる

商品が梱包されていたダンボールを返送に使う。クリスマスプレゼントを貰ったアメリカ人並みに豪快に開けてしまったがこれで返送する。

返品手続きの後送られてくる返品用ラベル2枚をコピーして用意。

でかいバーコードが印刷された方の髪を商品と共に箱の中に入れる。

ガムテープでしっかり梱包して返送先の書かれた紙を貼り付けて完成!

豪快に空いていた穴は申し訳程度にガムテで補修。メルカリだったら最低評価を食らうレベル。

あとは郵便局の集荷サービスで引き取りに来てもらうだけ!

あとはamazonのご慈悲を祈るのみ。果たして結果は…

返品できた

翌日、amazonからメールが。


返品できた。

なぜ返品条件を満たしていないのに返品できたのか?

恐らく、amazonに出店している店舗ごとに裁量が任されているからではないだろうか。

今回筆者が購入した店舗がたまたま懐の深いお店だっただけで、その他の店舗やamazonが販売している商品(amazonチョイスなど)は返品できない可能性もある。

結論 返品できるかどうか不安でもとりあえず返品を試みた方がいい

とりあえず、返品する際にはamazon側が送料を負担してくれるので、返品可能か判断してもらうぐらいのつもりで気軽に送り返してみてはいかがだろうか?筆者はそうする。

amazonには返品可能でない商品も存在する。

そもそも返品を受け付けていなかったということを避けるためにも、商品を購入する前には「返品無料」の表記があるかどうかチェックする癖をつけておこう。

コメント