掃除が苦手な人におすすめしたい!掃除を劇的にラクにする便利な掃除用洗剤

ライフハック

掃除は道具選びよりも洗剤選びが大事

家を最低限きれいに保つための掃除道具は、聞いたことないメーカーの安い掃除機、クイックルワイパー、ハンディモップ、ぞうきん数枚で十分なのだ。問題は洗剤選び。10年の一人暮らし生活の中で、面倒くさがりの私を驚愕させたすごい洗剤を紹介する。

スクラビングバブル

令和にもなって未だに便器の内側をブラシでこすって掃除している人をみるたびに、「ひいおばあちゃんじゃないんですから」と半笑いでツッコミをいれたくなる。これさえあれば、トイレ掃除において最も億劫な「便器の内側をこする」という工程を省くことができる。便器の内側が汚れ始めたらこれをぶっかけて30分放置。これだけで、怠惰の王冠こと「さぼったリング」が完全に消失する。もう狭いトイレの片隅にトイレブラシを設置する必要はない。空いたスペースに観葉植物やらベアブリックやらでも置いてみてはどうか。そういえば膀胱の内側って一度も掃除したことないけど、さぼったリングまみれなんだろうか?

パイプユニッシュPRO

築年数の古い物件に住んでいると頭を悩ませるのが「お風呂の排水溝が定期的に詰まる」現象だ。私のような、カラスと同居しているのかと疑われるほどの抜け毛モンスターともなると高頻度で排水溝が詰まり、「もう浴槽いらないじゃん」と思うほど風呂場の床に水が溜まってしまい、そのたびに排水溝に腕を突っ込み、地獄のマリモみたいな物体を取り除くのが悩みだったが、そういった手間を省いてくれたのがパイプユニッシュPRO。排水溝の内側にこれをぶっかけて30分放置し、あらかじめ浴槽に3センチほど貯めておいた水を一気に流す。引っ越してきた初日のような勢いで排水される水を発泡酒片手に眺めていると心に飛来する得も言われぬ高揚感。これが「幸せ」ってことか・・・

アリエールBIO


洋服にタオルにシーツにカーテン、「所有するありとあらゆる布から悪臭がする」という悩みから私を解放してくれたのがアリエールBIO。特に洋服に関しては、「タンスの奥でエビが家庭を築いたのか」と疑うほどの臭いを漂わせていたのだが、この洗剤に変えてからは「柔軟剤何使ってるんですか?」と他人から聞かれるほどになり、「彼女が選んでるんでわかんないっす(笑)」と答えるようになったわけだ。彼女はいない。この洗剤のすごいところは、いい匂いが一週間近く持続するというところにある。単純に洗濯頻度を減らせるのだ。柔軟剤代や水道代が節約できるわタオルからはホテルの匂いがするわで、「洗剤選び一つでここまで生活がよくなるのか」という感動を体験してほしい。特筆すべきは、部屋の大部分を占めるベッドからいい匂いがすると部屋全体がいい香りになるということだ。ファブリーズとは違う、ちゃんと生きている人間が放つ自然ないい香りだ。来客時には2、3発ベッドをどついて匂いを拡散させておこう。

 

オキシクリーン(アメリカ版)

究極の漂白剤。白シャツの黄ばみだろうがマグカップの茶渋だろうが換気扇の油汚れだろうが、「頑固な汚れをを落としたい」という単純ながら解決が困難な欲求をいとも簡単に叶えてくれる。とにかくバケツに50℃前後のお湯を溜めてオキシクリーンを適量溶かし、そこに汚れ物を放り込んでおく。一晩漬けたら翌日には真っ白になっている。これはもう、フォトショップだ。気を付けておきたいのが、必ずアメリカ版を選ぶこと。国内で生産されている漂白剤とは桁違いのパワーだからだ。界面活性剤が日本では許されない程これでもかと入っていることがパワーの秘密なのだが、肌の弱い人には刺激が強いため、その辺は留意しておこう。