本当にお金に困ったときに調味料だけで作るペペロンチーノ

貧乏飯

 

お金はないがシチリアの風を感じたい、そんなときは「調味料ペペロンチーノ」がおすすめ。

パスタをゆでてオリーブオイルと卓上調味料をかけて完成。

調理と呼べる工程はパスタをゆでるところくらいのもの。レンジでパスタをゆでればガス不使用、前人未到の0ポットパスタだ。貧困のあまりライフラインを一つ断ち切るという決断を強いられたハードコア生活を送るものには福音となるだろう。

何もこんなもの食べなくてもと思うだろうが、キューピーのあえるパスタソースにすら手が届かない人は存在する。コンビニでハーゲンダッツを見かけたときの感覚を思い出してほしい。

私が真に困窮していた20代のころは週に4回これを食べていたものだが、健康への影響といえば体重がダイエットの域を超えるほど不自然に減少する程度で、致命的なダメージはなかった。

なんでも現代では、製粉会社が小麦粉にビタミンを添加しているらしく、小麦製品だけを食べていても、大航海時代に船乗りたちの古傷を開きに開いた壊血病といった病気になることはないらしい。

ペペロンチーノは、あまりのシンプルさゆえに本場イタリアでは「絶望のパスタ」などと呼ばれているらしいが、32歳無職薄毛の私からすればその程度の絶望などかわいいものだ。