新宿駅改札内の隠れオアシス「5・6番ホーム」の魅力

新宿駅改札内で一息つくなら「5・6番ホーム」

世界最大の利用者数を誇る新宿駅改札内で時間を潰すとなると、ドトールコーヒーやグットタイムズといったカフェが選択肢に入ってくるわけだが、どちらも1日を通して混雑しており、何よりお金がかかる。

実は新宿駅には

・喫煙所

・待合室

・トイレ

・自販機

以上4つが完備された、もはや新宿駅のラウンジといっても過言ではない居心地抜群のホームが存在する。

それが「5、6番ホーム」だ。

成田エクスプレスという比較的利用者数の少ない路線のホームなので人が少なく、休憩するにはもってこいなのだ。

5・6番ホームの全容

・待合室

空調も効いており、そばにはトイレや自販機もあるためここで小説1本書けるほどの居心地の良さ。構内のコンビニや弁当屋で買った食料を持ち込んで食べても良し。

ちなみにこの待合室、成田空港直通線のホームということもあり外国人の利用者が多い。

その人種は様々で、これは完全に筆者の主観だが美男美女が多い。

美しい外国人と知り合い場合、ビール片手にここで逆ナン待ちというハプニングバー的な利用方法もアリかもしれない。

・トイレ

このトイレ、新宿駅構内で最も空いているトイレだと断言していい。

主要改札近くのトイレは非常に混雑しており、通勤ラッシュ時には奥でSupremeの出張販売でもやってるのかと思うほどの長蛇の列ができている。

トイレ難民となり、人生最悪のピンチを迎えたときには、最後の力をふり絞りこのトイレを目指しみてはいかがだろうか。

また、このホームは人が少ないため、最悪の結末を迎えたとしてもよそで漏らすよりは社会的名誉の失墜は軽微で済むかもしれない。

・喫煙所

利用者が少ないホームの最奥に位置しており非常に空いている。また、椅子が備えてあるためゆったりと座ってタバコを吸うことができる。

新宿駅改札内には、9・10番ホームにも喫煙所が存在するのだが、利用者の多いホームの中央に位置するという好立地が災いし、駅ナカでもタバコが吸いたいニコチン中毒者達の欲望を一手に引き受けているため芋洗状態でタバコを吸うという苦痛を味わうハメになる。

通勤ラッシュ時の埼京線内で乗客全員がタバコを吸うとどうなるのか?それを知りたければそちらの喫煙所に行ってみるといいだろう。

新宿駅5・6番ホームの魅力まとめ

・タダで時間を潰すのにうってつけの快適な待合室がある。

・トイレが空いている。

・タバコが吸える。

・美男美女の外国人と知り合えるかも?

世界最大の利用者数を誇る新宿駅にポツリと存在するオアシス「5・6番ホーム」

ケツの座りの悪い都会で時間を持て余した際は是非一度訪れてみてはいかがだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする